土地売却をするなら価格変化を知る【一戸建て建築HowTo】  

きちんとした計画

将来を見越した家づくり

適切な時期にメンテナンスを施すようにすれば、現在建てられている一般住宅は50〜60年程度使用し続けることができると言われています。しかし、実際には家の寿命が来る前に建て替えてしまうケースが大半です。家のメンテナンスの際にかかる費用が意外に大きいため、そこまで高い費用がかかるのであれば、いっそのこと建て替えてしまう方が得だと考える人が多くなっているためです。しかし、建て替えの際には大量の廃材が出ます。リサイクルできないような状態になっている部材が大部分であるため、大半を焼却処分に付すことになるのが実情です。ですが、焼却する廃材の量が多ければ、その分だけ大量のCO2が排出されます。

家づくりでエコ

自然乾燥させた天然木で家づくりを行っている四季工房という業者を利用すれば、家づくりとエコロジーを両立させることができます。四季工房では、住宅建築のために伐採した木材と同量の苗木を植える活動を実施していますので、森林資源の枯渇を避けることができます。木を伐る一方で育てることをしていないと、山が禿げ上がってしまいます。そうすると土砂崩れなどの危険性が高まりますので、植林作業は欠かすことができません。また、四季工房のように木材を自然乾燥していれば、エネルギー消費量とCO2排出量の両方を低く抑えることができるようになります。さらに、四季工房では木材を加工する際になるべくボンドを使用しないようにしているため、家を建て替える際に古い木材をリサイクルに回すことができるというメリットがあります。無駄のない家づくりをすることができるので、エコな家づくりを希望している人は、四季工房に相談してみることをおすすめします。