土地売却をするなら価格変化を知る【一戸建て建築HowTo】  

天候の変化

四季をまず念頭に

一生のうち何度も買うことはない住宅。多くの方にとって一生に一度の大きな買い物となります。住宅の購入はまさに人生を左右する重要な決断となります。その住宅購入を考える場合、誰もが少しでも良い家を購入したいと思うのは当然のことでしょう。では良い家を購入するためにはどのようなことを考える必要があるのでしょうか。日本は四季がある風土です。日本の伝統家屋では障子やふすまだけで部屋を区切るだけの、開け放たれた風通しの良い家が多く見られます。しかし日本の冬は厳しい寒さとなります。日本の伝統家屋は冬を快適に過ごせる家ではないのです。では夏も冬も快適に過ごす方法はあるのでしょうか。

夏の暑さや冬の寒さ

暑さの厳しい夏も、凍るほどの寒い冬も快適に過ごす方法が実はあるのです。それは四季工房の家造りに採用されているエアパス工法です。この四季工房のエアパス工法とは一体どのようなものでしょうか。一般的に暑さや寒さから家を守る時には、外断熱や内断熱など断熱材で熱を遮断してしまう方法が取られています。しかし四季工房のエアパス工法では、無理に外気温を遮断せずに自然の力により家の中の温度を保つことができます。暑い夏の時には、床下換気口から風を取り入れ、その風を壁の中へと通すことにより熱気を家の上部から放出します。逆に寒い冬の時には、太陽熱で暖まった屋根の空気を壁の中へと通すことにより家全体を暖めます。これにより温度を保つだけではなく、夏の湿気や冬の結露を防ぐこともできるのです。自然に逆らわず、自然の力を使い年中快適に暮らせる家。まさに理想のいい家を、四季工房のエアパス工法は私達に与えてくれるのです。